スポンサードリンク

インスタチェッカーはアカウント凍結・乗っ取りの危険あり!安全なやつはある?

Instagram/インスタグラムなどのSNSを使う際に気になるのが、誰がアクセスしたのか?などの足跡機能、誰にフォローバックされていないのか?などのフォロー関連ではないでしょうか。
減ったり増えたりするフォロワー数に一喜一憂する方もいると思いますし、誰がアクセスしてくれたのかも気になるかもしれません。

そんな悩みを解決するのが「インスタチェッカー」と呼ばれるアプリです。
足跡やフォローフォロワー関連の気になる部分を管理できるのですが、実はインスタチェッカーを使用したことにより アカウントの凍結・乗っ取りの被害が急増しています。
場合によっては、二度とアカウントが戻ってこないことも・・・。

インスタチェッカーに安全なものはあるのでしょうか?

本記事では、インスタチェッカーの危険性、アカウントの凍結・乗っ取りにあった際の対処法をまとめています。

スポンサードリンク

インスタを分析するアプリ「インスタチェッカー」

今や生活の一部になっている方も多いSNS。
その中でも特に利用者が多いのが、TwitterやInstagramですね。

Instagramは写真とハッシュタグがメインなので、若い世代から人気があります。

一方で、SNSをする上で気になるのが、足跡やフォロー数、フォロワー数の増減ではないでしょうか。
誰が見たのか、誰にフォローされたのか、フォローをはずされたのか、数字が動くたびに一喜一憂してしまうのがSNSです・・・。

そういった悩みを解決するツールの1つとして、インスタチェッカーというアプリがあります。

例えば、誰が自分のプロフィールにアクセスしたのか?
フォローバックしてくれていない人は誰なのか?
誰にブロックされているのか?など、様々な分析をしてくれるので、Instagramを使っている方にとっては非常に便利なツールなんです。

インスタチェッカーは危険なアプリだった

インスタチェッカーは、Instagramをしている人にとってかゆいところに手が届く便利なツールです。
しかし、インスタチェッカーを使ったことでInstagramのアカウントが凍結したという声が続出しています。

インスタチェッカーは、Instagram内のデータを取得し分析します。
そのため、不正アクセスとみなされ、凍結や最悪の場合アカウントが永久停止してしまうことも・・・。

場合によっては、アカウントを作り直してもそのアカウントさえ凍結・BANされてしまう可能性があるのです。

現在、インスタチェッカーはアプリが複数出ています。
どのインスタチェッカーを使っても、凍結やBANの可能性があるので非常に危険です。

インスタチェッカーの凍結・乗っ取り被害報告

では、インスタチェッカーのアプリを入れるとどのようになってしまうのか?
実際にアプリを入れたあとに、凍結してしまった時の画像です。

規約違反と表示され、アカウントにログインできなくなってしまいました。
タイミングは人によってバラバラであり、入れて何日も何ヶ月も大丈夫な方もいれば、入れてすぐに凍結されてしまう方もいます。

また、Twitterでもインスタチェッカーによる被害報告があがっています。

Twitterだけでなく、知恵袋にも同じように凍結されてしまって困っている方の声がたくさんあります。

インスタチェッカーで凍結してしまった時の対処法

インスタチェッカーを入れたことにより、アカウントが凍結してしまった場合。
どのように対処すればいいのでしょうか?

実際にアカウントを凍結されてしまった時に、解除されるまでやったことをご紹介します。

アプリ内から異議申し立てをする

まず最初にできることは、エラー画面が出た際に「詳細はこちら」という部分をタップして情報を送信することです。

ユーザーネームなどを入力すると、Instagramからメールが来ます。
そのメールには「コード」が書いてあるので、白紙の紙にコードを書いた上で、その紙を持った自撮り写真を送らなくてはいけません。

「囚人写真」と呼ばれていますが、まるで囚人のように紙を持った自撮り写真を送らないといけないのでそのように言われています。
本人確認ができると、凍結は解除されます。

※どうやら波があるようで、何度問い合わせてもコードすら届かないことがあるようです・・・。
何度もやりすぎるとスパム扱いされる可能性があるので、届かなくても1日数件程度までにしておきましょう。

ブラウザからヘルプセンターに問い合わせをする

実は、アプリからの問い合わせだと機能していないという声もあります。
ブラウザからヘルプセンターへ問い合わせをした方が対応が早いことも・・・。

必要事項を記入後、アプリ内からの異議申し立てと同じようにコードが書かれたメールが届きます。
コードを書いた紙を持って自撮り写真を送りましょう。

Instagramのヘルプセンターはこちら

凍結解除に成功した場合

もしも凍結解除に成功した場合。
英文のメッセージが届きます。

内容は、Instagramのアカウントが再び使えるようになりました、ご迷惑をおかけして申し訳ありません、といったものになっています。
この英文のメッセージが来たら、凍結は無事解除されたことになります。

届かない場合は、コードの再取得、コードを書いた紙を持った自撮り写真の送付を何度も繰り返しましょう。

インスタチェッカーに安全なものはある?

インスタチェッカーが危険というのはわかったものの、やはり分析できるのは魅力的ですよね。
自分の目で確認しなくても、アプリを使えば簡単に管理できるのは捨てがたいものです・・・。

インスタチェッカーのアプリは複数出ているので、中には安全に使えるものもあるのではないか?と思うかもしれません。

しかし、現状で出ているインスタチェッカーは全て非公式のものであり、作者の身元も不明です。
安全と言えるものはないので、インスタチェッカー自体つかうことはおすすめできません。

例えば、分析ツールアプリで非公式のものでも、Twitterで作者がアカウントを作成して情報公開していれば話は違います。
100%安全とは言い切れないものの、1つの信用材料にはなる場合もあります。

インスタチェッカーは、そういった信用材料がないんですね・・・。
そのため、インスタチェッカー系のアプリを入れるのはやめておくのが無難です。

もし今後、ちゃんとしたインスタチェッカーが出た場合は、本記事で改めて紹介しますね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ