スポンサードリンク

スプラトゥーン2のリスキルの意味は?ルール・マナー違反?対処法は?

Nintendo Switchで人気のゲーム「スプラトゥーン2/Splatoon2」は、インクで陣地を塗ったり相手を倒したりする、アクションシューティングゲームの1つです。

このスプラトゥーン2において、「リスキル」という言葉がありますが、どんな意味があるのでしょうか?
スプラトゥーンをしているけど、リスキルの意味や方法などを知らない方もいると思います。

ガチマッチやリーグマッチ、ナワバリにおいて、リスキルはルール違反・マナー違反なのでしょうか?
もしも、リスキルされた場合、どのように対策するのがいいのでしょうか?

2019年7月4日、Twitterにてとあるリスキル動画がアップされました。
またたく間に拡散され、リスキルに対しての意見が賛否両論別れています。

もともと、You Tubeでもリスキル動画などはアップされていますが、ここまで話題になることもそうそうありません。

今回は、スプラトゥーン2のリスキルについて考察していきます。

スポンサードリンク

スプラトゥーン2は老若男女問わず人気のゲーム


出典:https://www.google.com/

Nintendo Switchで老若男女問わず人気がある「スプラトゥーン2」のゲーム。
2017年7月に発売以降、プレイヤーはどんどん増えています。

様々な武器やステージで、インクを塗って陣地を取ったり、インクで相手を倒したりするアクションシューティングゲームの1つ。
イカの状態でインクの中を泳いだり、人の状態で塗ったり攻撃したりと、斬新なゲームですよね!

ただ陣地を取るだけでなく、ガチマッチという4種類のルールで遊ぶこともできます。

オンラインゲームなので、常に世界中の誰かとマッチングできる他、フレンドと遊んだりもできるので、一度ハマるとやめられませんw

そんなスプラトゥーン2では、専門用語が結構たくさんあります。

スプラトゥーン2の「リスキル」とは?

専門用語はたくさんあるのですが、その1つに「リスキル」と呼ばれるものがあります。
You Tubeなどで配信されている方もよく使うワードです。

リスキルとは、どんな意味なのでしょうか?

リスキルは、「リスポーンキル」の略称です。
リスポーンは最初にスタートする時に立っている場所ですね。

最初のスタート時はもちろん、デスしてしまった時もここから復活して再度スタートになる場所です。
このリスポーン地点で相手が待機して、復活したらすぐにキルしてくる行為を「リスキル」といいます。
自分が相手側のリスポーン地でキルし続けた場合も、リスキルですね。

他のゲームでも使用されるワードですが、基本的にどのゲームでも使用用途は同じです。

リスキルのメリットは?

リスキルは、スプラトゥーンにおいて攻略法の1つともされています。

リスキルすることで、仲間のフォローになり、戦いを有利に進められる場合があります。
主に、腕前に自信がある方が行うことが多いですね。

リスキルをするメリットは、仲間が戦いやすくなることですね。
特にガチマッチにおいては、リスキルをしている人がいると、戦いをかなり有利に進めることができます。

リスキルのデメリットは?

一方で、リスキルにもデメリットはあります。

リスキルをする場合、相手側のリスポーン付近に常にいる状態になります。
キルし続けられればいいのですが、失敗してデスした場合、自分のリスポーンに戻ることになります。

その間、人数不利となり、結果負けてしまう可能性も0ではありません。

また、リスキルをしていても、抜け道から抜けられてしまえば、リスキルの意味がなくなり、人数不利の状況を作ってしまいかねません。

リスキルは、人数不利になる状況ができやすくなるというデメリットがあります。

リスキルが起こる状況は?

リスキルは、毎回必ず遭遇するものではありません。
腕前に自信がある方が行うことが多く、主にガチマッチやリーグマッチで見かける行為です。

そもそも、どうしてそのような状況が生まれてしまうのでしょうか?

一番の要因としては、「実力に大きな差がある」ことが考えられます。

ガチマッチやリーグマッチは、基本的に自分と同等ぐらいのウデマエの方とマッチングするようにはなっています。
しかし、スプラトゥーンにおいて、XやS+等のウデマエはあくまでも称号の1つなんですね。

中には、かなり強いけど、ガチマッチはしたくない、リーグマッチはする、という方もいます。
その場合、実力はXクラスあってもウデマエがB帯であれば、B帯~同等レベルの方とマッチングしてしまいます。

そうなると、実力がある方は仲間のフォローをしようと、リスキルをします。
結果、初心者の方はリスポーンから出られなくなり、試合に負けてしまう場合があります。

攻略法の1つではありますが、リスキルはされた側はあまり気分がいいものではありませんね・・・。

スプラトゥーン2のリスキルはルール・マナー違反?

初代のスプラトゥーンはWii Uで発売されていました。
その頃からリスキル問題はありましたが、スプラトゥーン2でもリスキル問題は続いています。

リスキルはルール違反?マナー違反なのでしょうか?

前述で、スプラトゥーンの攻略法の1つだと説明しましたが、あくまでも仲間を戦いやすくするための状況を作るだけであれば、マナー違反ではありません。
例えば、あと少しでホコややぐらがゴールできる、エリアのカウントが終わる時などは、勝つためにリスキルをすることは悪いことではありません。

勝つためにみんな必死なのは同じなので、戦略として使うこともあります。

しかし、本来のルールを無視して、故意的にリスキルをする行為はマナー違反だと考えています。

全員で相手のリスポーン周りに居座ってキルし続けるのは、決していいこととは言えません。
悪質な行為、迷惑な行為です。

リスキルにも賛否両論あり、リスキルする側が悪い、リスキルされる側が悪いという意見に別れています。

リスキル自体は悪いことではありませんが、嫌がらせのような行動はルール違反、マナー違反なのでしないようにしましょう。

スプラトゥーン2でリスキルをされた場合の対処法は?

もしもスプラトゥーンをプレイしていてリスキルに遭遇した場合。
どのように対策すればいいのでしょうか?

これは状況にもよりけりですが、1人がリスキルをしてきた場合は、その1人を倒して進むか、仲間のところへジャンプすることで逃げることができます。
ただし、仲間のところへ飛ぶ際に、その仲間の周りが安全なのか、マップで確認しないと、飛んだ先でキルされてしまう場合もありますので注意が必要です。

一方で、3人~4人でリスキルしてきた場合。
そして、仲間もリスポーンから出られない状況になってしまった時は、とにかくスペシャルを溜めることが大事です。

スペシャルを溜めて、仲間とタイミングを合わせて使うことで、相手が後退し打開しやすくなります。
サブのボムなどを使うのもいいですね。

相手を自分のリスポーンから少しでも遠ざけることがポイントになります。

もしくは、マップによっては抜け道もあるので、隙間をぬって抜けていくのも1つです。
大体は見つかってしまう場合が多いので、一番はスペシャルやサブで打開をするのがいいですね。

また、あまりにも悪質な場合は一緒に遊んだ人の履歴からブロックしてしまうのも1つです。
ブロックしてしまえば、今後マッチングすることはありません。

とある投稿でリスキルがトレンド入り

リスキルという言葉は他のゲームでも使用されますが、多くはスプラトゥーンで使用されます。
そんな「リスキル」というワードが、2019年7月4日、Twitterのトレンド入りを果たしました。
ツイート数は1万3000件以上にも上ったのです。

その元となったのがこちらの投稿でした。

投稿直後は100RT前後だったのですが、またたく間に拡散され3時間後には3500件以上のRTになっています。

この投稿に対し、「リスキルは悪くない」「リスキルは悪い」「なぜ打開しないのか?」「これは萎える」と様々な意見が出ました。
動画を見たスプラトゥーンプレイヤーが、リスキルに関して多くの意見を呟いたことでトレンド入りをした、ということですね。

投稿者さんの動画は、相手が全員リスポーン周りで待機している状況です。
味方は4人共リスポーンから出られていないんですね・・・。

問題なのは、「あさりのルールを無視して、延長してもなおリスキルだけを続けている行為」です。
延長に入り、リスポーンから出られない、相手はあさりを入れようともしないので、試合が一向に終わりません。
一定時間経つと強制的に終わりますが、煽り行為の1つといっても過言ではない状況でした。

このような行為は、ウデマエに関係なくマナー違反に該当してしまうのではないでしょうか。
もしこれが、あさりを入れていて延長に入り、守るためのリスキルだったら問題にはならなかったと思います。

しかし、このようなリスキルが増えたのも、You Tubeなどの影響は大きいはずです。
自分もやってみたい!と思ってしまいますよね・・・。

スプラトゥーン2のリスキル問題は今後どうなる?

スプラトゥーンのリスキル問題は、今後も絶えないと思っています。
マップの構造の問題もありますが、一番はマッチングの問題が影響していそうです。

武器の偏りや実力の偏りによって、リスキルは発生しやすくなります。
特にリーグマッチにおいては、X帯とA帯がマッチングすることも当たり前にあります。
そうなった時にリスキルは多発しやすくなってしまうんですね・・・。

リスキル自体は決して問題ではありません。
問題なのは、ルールを無視してリスキルだけを全員で行うような迷惑な行為です。

かなり難しい問題だと思いますが、リスキルを少しでも減らすために、マッチングの仕方を今後改善してもらえたらいいなぁと思っています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ