スポンサードリンク

箱根駅伝2017のコース詳細と地図!通過時間・交通規制情報も紹介

お正月の風物詩となっている大学対抗の「箱根駅伝」。
第93回箱根駅伝は2017年1月2日・3日に開催されます!

今回は箱根駅伝2017の1区・2区・3区・4区・5区の往路・復路の詳細コースと地図、交通規制時間、選手たちの通過時間(予定)などをまとめました。
長く熱い戦いが繰り広げられる箱根駅伝を見ないと新年が始まりません!
道中で観戦・応援したい方の各区のポイントや花の2区、山上り5区などの見どころも紹介します。

スポンサードリンク

箱根駅伝2017開催日と概要

毎年お正月の目玉行事にもなっている「箱根駅伝」。
正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」。

hakone2017-i

第93回となる箱根駅伝2017は、2017年1月2日(月)~3日(火)に開催されます。
箱根駅伝2017の往復路コースは以下の通りです。

【往路】2017年1月2日 8:00にスタート

大手町→鶴見→戸塚→平塚→小田原→箱根町芦ノ湖駐車場入口(往路ゴール)

【復路】2017年1月3日 8:00にスタート

箱根町芦ノ湖駐車場入口→小田原→平塚→戸塚→鶴見→大手町(復路ゴール)

スタート/ゴールは大手町で同じ場所です。
ただ、往路スタートは読売新聞社本社の北側(KDDIビルがある方)、復路のゴールは南側(大手町ビルヂングがある方)の道路になります。

箱根駅伝2017の大きな変更点は4区と5区の距離が変わったことです。
4区が長くなり、5区が短くなりました。

4区 18.5km ⇒ 20.9km 
5区 23.2km ⇒ 20.8km

5区山登りの負担を減らすためですが、これにより小田原中継所の場所が変わりました
今までのメガネスーパー本社前から「鈴廣かまぼこの里前」に変わっています。

出場するのは全部で21チーム。

・前年度(2016年)10位以内に入ったシード大学10校
・2016年10月に行われた予選会を通過した10校
・関東学生連合チーム

以上の大学が箱根駅伝2017に出場します。

関東学生連合チームは、予選会に出場し本大会への出場権を得られなかった大学の中から選抜されるチームです。
各大学からは優秀な選手が1人ずつ選出されます。
ただし、留学生や予選会に出場していない選手は除外となります。
関東学生連合チームはオープン参加という扱いになり、順位はつきません。

交通規制のある道路は?

東京から神奈川に渡ってコースが設定されている箱根駅伝。
交通規制がされている道路もありますので、車でお出かけの際にはご注意ください。

東京の交通規制
規制区間 規制時間
1月2日
国道1号、15号など 7:50~9:00
1月3日
国道1号、15号など 12:20~14:00
神奈川の交通規制
規制区間 規制時間
1月2日
【一般】国道15号・下り
(六郷橋~青木通り)
8:50~9:40頃まで
【一般】国道1号・下り
(青木通り~保土ケ谷橋~平戸~不動坂~東俣野)
9:10~10:40頃まで
【一般】県道戸塚茅ヶ崎・下り
(東俣野~藤沢橋~浜須賀)
10:00~11:00頃まで
【一般】国道134号・下り
(浜須賀~高浜台~唐ヶ原~大磯駅入口)
10:20~11:35頃まで
【一般】国道1号・下り
(大磯駅入口~親木橋~早川口~宮ノ下~芦ノ湖駐車場入口)
10:55~14:00頃まで
【有料】小田原厚木道路
箱根口インター
11:00~12:45頃まで
【有料】西湘バイパス
大磯東、大磯西、西湘二宮
橘、国府津、酒匂、小田原
早川及び箱根口インター
10:45~12:45頃まで
1月3日
【一般】国道1号・上り
(芦ノ湖駐車場入口~宮ノ下~早川口~親木橋~大磯駅入口)
7:40~10:20頃まで
【一般】国道134号・上り
(大磯駅入口~唐ヶ原~高浜台~浜須賀)
9:40~10:50頃まで
【一般】県道戸塚茅ヶ崎・上り
(浜須賀~藤沢橋~東俣野)
10:00~11:25頃まで
【一般】国道1号・上り
(東俣野~不動坂~平戸~保土ケ谷橋~青木通り)
10:30~12:50頃まで
【一般】国道15号・上り
(青木通り~六郷橋)
11:30~12:50頃まで
【有料】小田原厚木道路
箱根口インター
8:40~9:25頃まで
【有料】西湘バイパス
箱根口、早川、小田原、酒匂
国府津、橘、西湘二宮
大磯西及び大磯東インター
8:40~10:30頃まで
【有料】新湘南バイパス
茅ヶ崎海岸
9:50~10:50頃まで

箱根駅伝2017の往路コースと交通規制・通過予定時間(1区~5区)

箱根駅伝2017の往路コース(1区~5区:107.5km)です。
地図は以下からグーグルマップで見られます。

箱根駅伝2017往路コースの地図(グーグルマップ)

周辺道路の交通規制・通過予定時間も一緒にまとめてみましたので、観戦の際にお役立てください。
各区間のポイント・見どころも併せて紹介します。

1区(大手町~鶴見中継所):21.3km

箱根駅伝のスタートとなる1区(21.3km)。
比較的平坦な区間ですが、新八ツ山橋の上り坂、六郷橋の下り坂があります。
優勝を狙っているチームは、六郷橋からスパートをかけることが多いようです。
レースの流れを左右する大切な区間です!

各校のスピードランナーや準エース級ランナーが多く走る1区。
序盤を飛ばして逃げ切りを狙う大学が出てくるか、坂道の上り下りでの駆け引きをする選手たちなど、各校の動向が見どころです!

1区コース 通過予定時間 交通規制時間
【スタート】
東京・大手町
読売新聞東京本社ビル前
8:00頃 7:50~8:05頃まで
田町周辺 8:10頃 8:10~8:20頃まで
品川駅前 8:22頃 8:15~8:25頃まで
六郷橋周辺 8:50頃 8:50~9:00頃まで
鶴見中継所
(鶴見市交番前)
9:03頃
2017トップ通過
9:03:56
東洋大学
8:40~9:20頃まで

2区(鶴見中継所~戸塚中継所):23.1km

箱根駅伝の「花の2区」と呼ばれる2区(23.1km)。
各校のエース級ランナーが揃う、平地区間では最長区間となっています。
※全区間中最長なのは5区

1区のスピードランナーは鶴見中継所にそれぞれ僅差で入ってきます。
2区はそこから流れを掴むための大事な区間なのです。
長い上り坂の「権太坂」があり、エース選手にとっても難所となっています。

5区に続き長い区間となるため、「ごぼう抜き」「ブレーキ」が起こることもあります。
平坦な道を終えて権田坂を越え、その後急勾配が続く残り3Kmの「戸塚の壁」をどう攻略してくるかが見どころです。

2区コース 通過予定時間 交通規制時間
鶴見中継所
(鶴見市交番前)
9:03頃 8:40~9:20頃まで
横浜駅東口周辺 9:29頃 9:00~9:40頃まで
保土谷駅信号周辺 9:38頃 9:10~9:50頃まで
権田坂上信号周辺 9:46頃 9:40~10:25頃まで
戸塚中継所
(古谷商事前)
10:11頃
2017トップ通過
10:11:18
神奈川大学
9:50~10:30頃まで

3区(戸塚中継所~平塚中継所):21.4km

かつてはつなぎの区間でしたが、今や各校の実力者が多く走る3区(21.4km)。

遊行寺坂を下っていき、湘南海岸の平坦な道に出るまでのペース配分が重要なカギとなります。
また天候によっては海風が強く、走りに影響を及ぼすこともある区間です。

2区に続き有力選手が多くなる3区では、ごぼう抜きもあり得ます。
2区のペースを引き継げるか、2区でつまずいてしまった場合は巻き返せるかが見どころとなります。

3区コース 通過予定時間 交通規制時間
戸塚中継所
(古谷商事前)
10:11頃 9:50~10:30頃まで
藤沢橋交差点 10:31頃 10:00~10:40頃まで
浜須賀歩道橋周辺 10:49頃 10:20~11:00頃まで
湘南大橋出口周辺 9:38頃 10:30~11:15頃まで
平塚中継所
(唐ヶ原交差点前)
11:17頃
2017トップ通過
11:14:59
青山学院大学
10:45~11:30頃まで

4区(平塚中継所~小田原中継所):20.9km

今まで区間の中で唯一20Kmを切る区間となる4区でしたが、10年ぶりにもとの距離に戻りました。
18.5kmから20.9kmへと長くなるんですね。
2006年に距離が短くなってからは、中距離出身選手やチームの1年生が走ることも多くなっていました。
しかし一転、今回からは選手選びが鍵を握りそうです。

4区には橋が10橋あり、平塚中継所~国府津駅の間にはアップダウンがこまめにあります。
しかしながら区間の中では走りやすいコースと言われる4区。

4区では3区から引き継いだペースを維持できるかが見どころになると思います。
次の5区は山上りなので、どうつなげるかもポイントになりますね。

4区コース 通過予定時間 交通規制時間
平塚中継所
(唐ヶ原交差点前)
11:17頃 10:45~11:30頃まで
大磯駅入口 11:21頃 10:55~11:35頃まで
国府津駅前 11:52頃 11:00~12:30頃まで
西湘バイパスに交通規制あり
小田原中継所
(鈴廣かまぼこの里前)
12:22頃
2017トップ通過
12:18:42
青山学院大学
11:00~12:45頃まで

※小田原中継所は、かつてのメガネスーパー本社前から「鈴廣かまぼこの里前」に移動しています。
鈴廣かまぼこの里住所:神奈川県小田原市風祭245

5区(小田原中継所~箱根・芦ノ湖):20.8km

今回からやや短くなり、5区(20.8km)は区間最長でなくなりました。
本区間の選手の負担を減らすためですね。
しかし、過酷な「山上り」区間であることは変わりませません。
標高差864mを上る過酷なコースのため、山上りに特化した選手が走ることが多くなります。

ポイントとなるのは小田原中継所を出発して「箱根湯本駅」からの上り坂。
箱根湯本駅以前のコースは比較的平坦のため、本格的な上り坂が始まってからどう走るかが重要になります。

また、重要なのが山上りだけでなく残り4Kmあたりからの「山下り」!
上る時とは違う筋肉を使うため、どう乗り切るかもカギになってきます。
箱根駅伝往路の区間の中でも最も重要な区間とされ、5区を制した大学は往路優勝確率がかなり上がります。
2006年から2016年までは5区の区間賞をとった大学が往路優勝も果たしていましたが、今回は距離が変わってどうなるか・・・・

選手個人の能力、走り、そして大逆転劇など見どころは満載です。

5区コース 通過予定時間 交通規制時間
小田原中継所
(鈴廣かまぼこの里前)
12:22頃 11:00~12:45頃まで
箱根湯本駅前 12:28頃 箱根湯本駅前から芦ノ湖(ゴール)
までは大型車両などの交通規制があります。
箱根小桶園前 13:00頃
芦ノ湖ゴール 13:30頃
2017トップ通過
13:33:45
青山学院大学
12:30~14:00頃まで

※小田原中継所は、かつてのメガネスーパー本社前から「鈴廣かまぼこの里前」に移動しています。

箱根駅伝2017の復路コースと交通規制・通過予定時間(6区~10区)

箱根駅伝2017復路のコース(6区~10区:109.6km)です
コースの地図は以下のリンクで見られます。

箱根駅伝2017復路コースの地図(グーグルマップ)

周辺道路の交通規制情報、選手たちの通過予定時間もあわせて紹介します。

6区(箱根・芦ノ湖~小田原中継所):20.8km

5区とは反対に「山下り」の区間となる6区(20.8km)。
朝出発で寒い上に下り坂。
時速25Kmほどの速度でカーブをこまめに回らなくてはならず、膝に負担がかかります。

最初の4Kmの上り坂を越えたら下りの勝負開始です!
ここでの膝の負担もそうですが、本当に手強いのは残り3Kmから。

下りが終わり平坦な道に戻ると、まるで上り坂のように苦しく感じるのだそうです・・・・!
見どころはやはり下りから平坦な道になってからの約3Km!
ペース配分、スタミナ、脚力が試される区間ですね。

ちなみに、復路の小田原中継所は往路とは少し離れたところになります。
復路の中継所は「風祭駅前」です。

6区コース 通過予定時間 交通規制時間
芦ノ湖スタート
(駐車場入り口)
8:00頃 7:40~8:20頃まで
箱根小桶園前 8:28頃 国道1号上りに交通規制有
箱根湯本駅前 8:50頃 国道1号上りに交通規制有
小田原中継所
(風祭駅前)
9:00頃
2017トップ通過
8:58:48
青山学院大学
8:40~9:25頃まで

7区(小田原中継所~平塚中継所):21.3km

10区間中最も走りやすい区間と言われる7区(21.3km)。
実力の高くない選手が起用されることもありますが、優勝候補大学はここで力のある選手を投入してきます。

序盤の山から吹き下ろす風、海沿いになると海風も選手の走りに影響します。
さらに9時頃から7区の選手が走り出し、平塚へ近づくにつれて気温も上昇していきます(晴れの場合)
体感温度に差がある区間をどうコントロールして走るかが、見どころになりますね。

選手同士だけでなく、自然との戦いでもある区間です。

7区コース 通過予定時間 交通規制時間
小田原中継所
(風祭駅前)
9:00頃 8:40~9:25頃まで
国府津駅前 9:27頃 西湘バイパスに交通規制あり
大磯駅入口 9:58頃 9:40~10:20頃まで
平塚中継所
(高村不動産前)
10:05頃
2017トップ通過
10:04:28
青山学院大学
9:40~10:30頃まで

8区(平塚中継所~戸塚中継所):21.4km

シード争い、優勝争いが見えてくるのがこの8区(21.4km)からです。
前半の藤沢までを走り終え、残り6Kmから始まる「遊行寺坂」攻略のため、力のあるランナーを投入してくる大学が多いです。

前半は海風の影響をどうクリアするかがカギ。
そして後半の上り坂「遊行寺坂」を上るだけのスタミナもポイントになります。
晴れた場合、後ろからの直射日光も体力を削る要因に・・・・。

8区は当日のエントリー変更が多い区間です。
レースも終盤に入り、各大学がどう動いてくるかが見どころになりますね!

8区コース 通過予定時間 交通規制時間
平塚中継所
(高村不動産前)
10:05頃 9:40~10:30頃まで
湘南大橋出口周辺 10:15頃 9:50~10:40頃まで
浜須賀歩道橋周辺 10:32頃 10:00~10:50頃まで
藤沢橋交差点 10:54頃 10:30~11:25頃まで
戸塚中継所
(ウエインズ戸塚前)
11:14頃
2017トップ通過
11:08:49
青山学院大学
10:50~11:30頃まで

9区(戸塚中継所~鶴見中継所):23.1km

花の2区の復路となる9区(23.1km)。
2区と同じく各校のエース級選手が走る、復路最長区間です。

戸塚中継所からの3Kmは下り坂。
また、序盤はアップダウンが続くコースです。
ここでペース配分をして力を温存するか、勝負をしかけてハイペースで行くのか・・・・。

後半7Km以降には「権田坂」もあります。
勝負に出るタイミングが見どころの区間です!

9区ではたすきがつなげられず、無念の繰り上げスタートとなる大学もいくつか出てきます。
反対に大逆転をする大学もあるなど、ドラマが起こる区間なのです。

9区コース 通過予定時間 交通規制時間
戸塚中継所
(ウエインズ戸塚前)
11:14頃 10:50~11:30頃まで
権田坂上信号周辺 11:39頃 11:00~11:40頃まで
保土谷駅信号周辺 11:49頃 11:20~12:15頃まで
横浜駅東口周辺 11:59頃 11:30~12:20頃まで
鶴見中継所
(鶴見市交番前)
12:24頃
2017トップ通過
12:18:44
青山学院大学
11:55~12:40頃まで

10区(鶴見中継所~大手町):23.0km

いよいよラストスパートとなる最終区間、10区(23.0km)。
たすきをゴールに届けるのは各校準エース級の力のある選手です。

ここでいかに実力のある選手を出せるか、選手層の厚さもポイントになります。

序盤、六郷橋から新八ツ山橋周辺のアップダウンを越えたら、残りはほぼ平坦なコース。
しかしながら、たまに吹くビル風や観客からのプレッシャーなどが選手に影響を与えます。
この区間でブレーキがかかりシード権を逃してしまう大学も・・・・。

優勝争い、シード権争いの最終局面!
プレッシャーに打ち勝ちゴールにたすきを届ける大学はどこなのか、最大の見どころです!

箱根駅伝では2015年に青山学院大学が新記録「10時間49分27秒」を打ち立て優勝しています。
さらに2016年には「10時間53分25秒」の記録で連覇を果たしています。

箱根駅伝2017では青学大がさらに記録を塗り替えてくるのか。
それとも駒沢大や早稲田大、山梨学院大など、有力候補が名乗りを上げるのか。
優勝争いは白熱しそうです!

10区コース 通過予定時間 交通規制時間
鶴見中継所
(鶴見市交番前)
12:24頃 11:55~12:40頃まで
六郷橋周辺 12:37頃 12:15~12:50頃まで
品川駅前 13:06頃 12:55~13:40頃まで
田町周辺 13:18頃 13:00~13:45頃まで
【ゴール】
東京・大手町
読売新聞東京本社ビル前
13:30頃
2017トップ通過
13:30:25
青山学院大学
13:15~14:00頃まで

まとめ

以上、箱根駅伝2017のコース紹介、交通規制や通過予定時間まとめでした。

1区から10区、書いてみるとどこも見逃せない区間ばかりでした。
順位を予想しながら応援していくと楽しいですよ。

駅伝は日本独自のスポーツであり、これによりマラソンランナーが育たなくなっているとかいろいろ言われています。
しかし、それでも箱根駅伝はお正月の風物詩です。
毎回熱戦が繰り広げられ、選手たちから勇気をもらって今年も1年頑張るぞ!となります。

テレビ観戦もよいのですが、現地観戦も熱くなると思います!
箱根駅伝2017、区間賞、優勝はどの大学になるのか・・・
楽しみですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ