スポンサードリンク

WHO’S TEA(フーズティー)のメニュー・値段・店舗場所・営業時間まとめ

台湾発のタピオカドリンク専門店「WHO’S TEA(フーズティー)」の日本第1号店が、千葉県成田市のイオンモール成田内にオープンします!
さらに、2号店として千葉県市川市のダイエー市川店にもオープン予定!
初日の待ち時間はどのぐらいになるのか気になりますね!

WHO’S TEA(フーズティー)は、台湾では40店舗を展開。
中国・アメリカにも19店舗ありますが、日本では成田が初出店となります。

ひげのマークがポイントで、インスタ映えもバッチリ!
店内で粉から手作りする無添加の台湾製「生タピオカ」がウリです。

それぞれの店舗場所はどこになるのか?
営業時間はいつまで?
メニューや値段はいくらぐらいなのか?をまとめました!

スポンサードリンク

台湾発タピオカドリンク専門店WHO’S TEAが日本初上陸


出典:https://narita-aeonmall.com/

2019年6月28日(金)に、タピオカドリンク専門店「WHO’S TEA(フーズティー)」がオープンします。
第1号店となるのは、千葉県成田市にあるイオンモール成田です。

さらに、2019年7月12日(金)には第2号店もオープン!
千葉県市川市にあるダイエー市川店に登場します。

WHO’S TEA(フーズティー)は、2011年に台湾の台中で1号店が出店されました。
その後、どんどん拡大していき、現在は台湾に40店舗、中国、アメリカなどに19店舗を展開しているほどの有名なお店です。

WHO’S TEAのモチーフはひげ!生タピオカも楽しめる

中国語で「ひげ茶」という意味があるWHO’S TEA。
ひげをモチーフとしていて、カップやストッパーを始め、店内などさまざまな場所にデザインされています。

ひげデザインのアイテムは、特に女性に大人気ですよね。
第三次タピオカブームと言われているタピオカとの最強コラボで、インスタ映えもばっちりです!

さらに、WHO’S TEAでは、店内でタピオカを手づくりしているのも特徴。
無添加の台湾製「生タピオカ」にこだわりがあり、食感が一味違います。

https://narita-aeonmall.com/

宝石のようにキラキラ、ぷるぷるしたタピオカ!!
オープンキッチンなので、タイミングが合えば、タピオカを作っているところを見ることもできちゃうんですよ~!

WHO’S TEA イオンモール成田の場所・営業時間は?

まずは、1号店となるイオンモール成田の場所と営業時間等をご紹介します。

場所は、千葉県成田市。
イオンモール成田内の1階にあります。

店舗名 WHO’S TEA イオンモール成田店
住所千葉県成田市ウイング土屋24 イオンモール成田1階
営業時間10:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日なし
アクセス京成成田駅から直行路線バスで10分
東関東自動車道 成田ICから3.5km

お車の場合は、ナビに「イオンモール成田」と入れればOK。
公共交通機関を使う場合は、イオンモール直行路線バスの利用が便利です。

また、営業時間はイオンの専門店の営業時間と全く同じとなっています。
ただし、ラストオーダーが21時30分なので、余裕を持って行くのがおすすめ。

映画館のお供にもぴったりですね!

WHO’S TEA ダイエー市川店の場所・営業時間は?

第2号店となる、ダイエー市川店の場所、営業時間等を以下でご紹介します。
駅チカということもあり、夕方は学生さんが多く集まると予想されます。

店舗名 WHO’S TEA ダイエー市川店
住所千葉県市川市市川1丁目4−10 ダイエーー市川店1F
営業時間10:00~21:00
定休日不明
アクセスJR総武線「市川駅」北口すぐ
国道14号線を市川方面へJR市川駅に曲がってすぐ

営業時間についてですが、ダイエー市川店が9時~23時まで営業しています。
しかし、WHO’S TEAは10:00~21:00と少し時間が異なりますのでご注意ください。

駅チカなので、学生さんでも行きやすいですね!
また、車で来る方も多いと思うので、駅のロータリーが混む可能性もあります。
特に夕方の帰宅ラッシュは注意が必要ですね。

WHO’S TEAが6月27日にプレオープン!

2019年6月27日、イオンモール成田にてプレオープンしていました。

6月27日15時~19時で、先着200名様に無料でドリンクを提供していました。
無料でドリンクをゲットするには、以下の条件が必要です。

1.WHO’S TEAのInstagramアカウントをフォロー
2.#フーズティーのハッシュタグを付けて投稿

これだけで無料で飲めるなんて嬉しい!!
実際にハッシュタグでフーズティーを検索すると、たくさんの人が写っているのがわかります。
日本初上陸のタピオカが無料で先に飲めるなんてラッキーですもんねw

15時スタートでしたが、16時頃には既に終了しています。
80分待ってももらえていないという声も上がっていました。

多くの方が訪れていたので、オープン初日も覚悟が必要ですね・・・!

WHO’S TEAのオープン初日の待ち時間はどのぐらい?

第1号店は、イオンモール成田店となります。
既に多くのタピオカドリンク専門店があるといえど、日本初上陸のお店は毎回大行列・・・。

過去、日本初上陸したタピオカドリンク専門店はどうだったのでしょうか?

まず、有名なモッチャムが大阪にオープンした時。
開店30分前から既に10人ほど並んでおり、その後もオープン前までに100m程の列ができていました。
オープン後はさらなる行列となり、初日の待ち時間は3時間だったんです。

さらに、THE ALLEY(ジアレイ) が名古屋タカシマヤ ゲートタワーモールにオープンした時もやばいの一言!
なんと、初日の待ち時間は4~5時間でした。

やはり、海外の人気専門店が日本初上陸となると、第1号店の初日は恐ろしいです。

今回のWHO’S TEA(フーズティー)も、混雑は必須と言えますね・・・。
特にオープン直後、お昼時、夕方の帰宅ラッシュは大混雑が予想されます。

しかも今回はイオンモール内ですからね・・・。
お正月の福袋争奪戦並の大変さになる可能性大です。

【2019年6月28日追記】

オープン初日である6月28日10時。
オープンを記念して、先着100名様に「タピオカドリンクのミニサイズ」プレゼントがありました。
プレゼントが嬉しいですね!!

待ち時間は、2時間半~3時間の状況になっていたようです。


出典:https://www.instagram.com/

また、オープン特典として、6月28日~30日までは、タピオカドリンクが全品50円引きとなっています。
ちょうど週末と重なるので、初日だけでなく3日間ぐらいは1時間以上の待ちになりそうですね。

WHO’S TEAのメニュー・値段は?

WHO’S TEA(フーズティー)には、フルーツティーやミルク、ミルクティーベースなど、ドリンクの種類が豊富です。

また、タピオカドリンク以外にもフードも販売。
サンドイッチなどの手軽な軽食もあるので、タピオカドリンクと一緒に楽しむことができます。

それぞれのメニューと値段を以下でまとめておきますね!

ドリンクメニュー一覧

出典: https://www.instagram.com/

クリームフォームベース
黒ひげミルクティーMサイズ:600円
Lサイズ:700円
黒ひげセイロンティーMサイズ:600円
Lサイズ:700円
黒ひげ鉄観音ウーロンティーMサイズ:600円
Lサイズ:700円
白ひげチーズティーMサイズ:600円
Lサイズ:700円
白ひげ鉄観音ウーロンティーMサイズ:600円
Lサイズ:700円
白ひげジャスミンティーMサイズ:600円
Lサイズ:700円
ミルクティーベース
台湾80年代ミルクティーMサイズ:500円
Lサイズ:600円
セイロンラテMサイズ:500円
Lサイズ:600円
ジャスミンラテMサイズ:500円
Lサイズ:600円
鉄観音ウーロンラテMサイズ:500円
Lサイズ:600円
オリジナルティーベース
セイロンティーMサイズ:430円
Lサイズ:530円
ジャスミンティーMサイズ:430円
Lサイズ:530円
鉄観音ウーロンティーMサイズ:430円
Lサイズ:530円
フルーツティーベース
ミックスフルーツティーMサイズ:600円
Lサイズ:700円
パインジャスミンティーMサイズ:600円
Lサイズ:700円
グレープフルーツジャスミンティーMサイズ:600円
Lサイズ:700円
ミルクベース
黒糖ミルクMサイズ:500円
Lサイズ:600円
抹茶ミルクMサイズ:500円
Lサイズ:600円
マンゴミルクMサイズ:500円
Lサイズ:600円
いちごミルクMサイズ:500円
Lサイズ:600円
炭酸ベース
シュワワパインMサイズ:500円
Lサイズ:600円
シュワワバタフライMサイズ:500円
Lサイズ:600円
シュワワマンゴMサイズ:500円
Lサイズ:600円
シュワワストロベリーMサイズ:500円
Lサイズ:600円
シュワワパッションMサイズ:500円
Lサイズ:600円

タピオカ・カラフルタピオカは70円、黒ひげフォーム、白ひげフォームは100円でトッピング可能になります。

フードメニュー一覧

タピオカドリンク専門店ですが、サンドイッチなどのフードもいくつか展開するようです。
フードメニューは現在調査中です。
もし、フードメニューの情報をお持ちの方がいましたら、コメント欄にて教えていただけますと幸いです。

→調査をしているのですが、フードに関する情報が見当たりません・・・。
事前情報では軽食もあると言われていたのですが、どうやらフードはなさそうです。

WHO’S TEAの公式Twitterは?

WHO’S TEA(フーズティー)の公式Twitterも開設されています。

最新情報はTwitterでチェックできますので、気になる方はフォローしておきましょう!

しかし、カップは可愛いし、タピオカも色とりどりでキレイ・・・!!
インスタ映えスポットで一緒に写真を撮りたいですねw

まとめ

第三次タピオカブームと言われていますが、どんどんタピオカドリンク専門店が出てきますねw
海外で話題のものが日本に初上陸となると、注目度は凄まじいものです。

今後、第3号店、第4号店と増えていくかもしれません。
最初の2店舗はいずれも千葉なので、名古屋や大阪、福岡などにもぜひ出店して欲しいところです!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ