スポンサードリンク

【スプラ3】ビッグランの上位5%ボーダー推移予想・結果まとめ【サーモンラン】

スプラトゥーン3/スプラ3にて不定期で開催される期間限定のサーモンランイベント「ビッグラン」。
ビッグランでは、上位5%、20%、50%に入ると、ビッグラン専用のバッジ/バッチがもらえます。

しかし、ゲーム内でボーダーを確認することが出来ないので、どのぐらい納品、スコアを出せば上位に入れるのかわからないんですよね・・・。
ボーダーがどのぐらいなのか、気になっている方もたくさんいるかと思います。

どうせなら上位5%に入りたいですよね!

本記事では、サーモンランのビッグランの上位5%に入るためのコツ、ボーダー推移予想、結果をまとめています。

スポンサードリンク

シャケたちの襲撃イベント「ビッグラン」

スプラトゥーン3/スプラ3では、数ヶ月に一度「ビッグラン」というイベントが開催されます。
フェスと同様に、期間限定イベントの1つ。

ビッグランでは、ナワバリバトルなどの通常ステージにシャケたちが襲撃してきます。
やることはいつものサーモンランと同じですが、ステージが違うことで立ち回りなどがガラッと変わります。

また、オールランダム武器ということで、毎回どんな武器が来るかわかりません・・・。
大当たり編成の時もあれば、チャージャー4人という大事故編成の時も出てきます。

ビッグランでもらえる報酬

ビッグランでもらえる報酬は、全部で2種類あります。

・限定バッジ
・限定オキモノ

入手条件はそれぞれ以下のようになっています。

ビッグランで上位50%に入った
ビッグランで上位20%に入った
ビッグランで上位5%に入った
ビッグランに参加した
ビッグランで上位50%に入った
ビッグランで上位20%に入った
ビッグランで上位5%に入った

「上位5%」を狙っている人が多いのは、金バッジ、金オキモノ狙いだからなんですね。
上位5%に入った人しかもらえないものなので、レア度はかなり高くなります。

今回のビッグランですが、フェスと同様に「結果発表」というものが行われます。
つまり、ビッグランが終わってから出る「最終結果」と「自分のハイスコア」で、もらえる報酬が変わるんです。

上記の画像はサンプルになるのですが、上位5%に入るには自分のハイスコアが「102個以上」でないといけません。
画像のケースだとハイスコアが60個なので、上位50%の報酬がもらえることになります。

あくまでサンプル画像なので、上位5%のノルマは102個ではありません。
実際にはもっと高いボーダーになってきますし、毎回ボーダーは変わってきます。

ビッグランの上位5%ボーダー推移予想

ビッグランでは、上位○%によってもらえる報酬が変わります。
しかし、ビッグラン中にボーダーというものが見られないので、上位5%に入るにはどれだけのスコアを出せばいいのかわからないんですよね・・・。

大体の目安でいいから知りたい!という方もいると思います。

まず、スプラトゥーン3は11月8日時点で790万本売れていると発表されています。
これは全世界の累計販売数なので、日本国内だけで見て400万本と仮定します。

このうち、少なく見積もって100万人がビッグランに参加していると予想します。
5万人は上位5%に入れる計算になります。

つまり、5万人の平均スコア次第で上位5%のボーダーが決まるんですね。
その点を踏まえて、それぞれのボーダーを予想してみます。

※あくまで予想なので、参考程度にご覧ください。
※クマ武器やステージなどでも変わってくると思いますので、開催期間ごとに予想を追加していきます!

2022年12月10日~12日の予想

2022年12月10日~12日の期間で行われたビッグランのボーダー予想です。

この期間は・・・
・ステージ:スメーシーワールド
・武器:オールランダム
・クマ武器:クマブラスター

という構成で行われました。

ここからボーダー予想をしてみます。

上位○% ボーダー予想
上位5% 150個以上
上位20% 90個以上
上位50% 70個以上

ビッグランに参加されている方の声を見てみると、でんせつ以上であれば「120~130以上の納品」はごく普通になっているように感じました。
特殊WAVEがあれば、そのぐらいはいってしまえるんですね。

多い方だと、200個以上納品している方もいるので、平均的に見ると「150個以上」は必要になってくる可能性があります。
150個以上を安定して納品する場合、危険度220%~、でんせつ400~ぐらいがちょうどよいラインです。

評価も危険度も高ければ、より多くの金イクラを納品できるものの、難易度も高くなりますので注意してください。
あまりにも難しい場合は、評価リセットをしてやりやすい難易度でハイスコアを目指すのがおすすめです。

ビッグランで上位5%に入るためのコツ

スプラトゥーン3のビッグランをやる上で、どうせなら上位5%に入りたいですよね!
当然ながらハードルはかなり高くなりますが、普段サーモンランをしている方にとっては価値のあるバッジといっても過言ではありません。

では、どうやったら上位5%に入ることができるのか?ということになります。

サーモンランは、エイムがなくても知識と立ち回りさえ知っていれば、それなりの評価まで上げることができます。
たくさんのことを知らないといけないですが、あれもこれも叩き込むのは無謀です・・・。

なので、上位5%に入るために絶対に抑えておきたいポイントを3つ厳選してご紹介します。

ポイント1:評価を最低限「でんせつ」にする

サーモンランには「じゅくれん」「たつじん」「でんせつ」といった評価があります。
この評価によって、出現するオオモノシャケの数が違うんですね。

例えば、「たつじん+3の80」ぐらいの評価だった場合。
WAVE1でのオオモノシャケの出現数は、16体です。

「でんせつ200」ぐらいの評価だった場合。
WAVE1でのオオモノシャケの出現数は、20体です。

4体違うということは、金イクラでいえば12個の差が出てきます。
全て納品できないとしても、オオモノシャケが多く出現するほど金イクラの納品チャンスは増えるんですね。

上位5%に入るには、最低でもでんせつ200以上はほしいところです。
まずは、ハイスコアよりもでんせつ200を目指していきましょう。

ポイント2:コンテナ付近に寄せて倒す

ビッグランに限らずですが、サーモンランでは「寄せ」が重要になります。
コンテナ付近に寄せて倒すことで、金イクラを素早く運ぶことができるんですね。

通常のサーモンランのステージは、コンテナ付近に寄せ過ぎると大惨事になることがあります。
しかし、ビッグラン中のステージは、サーモンランに比べると広め。

ステージ自体が広いこと、コンテナ付近も余裕がそこそこあります。
そのため、遠くで倒しすぎると金イクラを運べなくなるので、なるべく寄せて倒すことを意識してください。

寄せて倒すべきなのは
・テッパン
・ダイバー
・モグラ
・ナベブタ
・バクダン
・ヘビ
・コウモリ

です。

タワー、テッキュウはその場に留まり続けるので、出現したらなるべく早めに倒しに行きましょう。
また、コウモリは近くに来るまで待つ際に「雨を降らす緑色の球」を飛ばしてくるので、雨がふらないように撃ち返してください。

ポイント3:特殊WAVEが来たら全力で納品

ビッグランには、特殊WAVEもあります。
特殊WAVEは複数ありますが、ビッグランに限り出現しないものもあります。

・霧→出現する
・ヒカリバエ→出現する
・グリル→出現する
・ハコビヤ→出現する
・間欠泉→出現しない
・巨大タツマキ→出現しない
・ドロシャケ→出現しない
・大砲→出現しない

中でも絶対に落としたくないのがハコビヤ!
ハコビヤが来たらボーナスチャンスだと思ってください。

武器構成にもよりますが、射程が長い人が2人以上いる場合は、2人は原則として箱を壊して金イクラを出します。
残り2人は、箱を壊すことより納品を優先してください。

ハコビヤのWAVEだけで金イクラ50個以上を納品できれば、かなり大きいです。

ビッグランのボーダー最終結果まとめ

ビッグランの最終結果は、イベント終了後の数時間後に行われます。
最終結果については、開催期間ごとに以下で記載していきます。

2022年12月10日~12日の結果

2022年12月10日~12日の期間で行われたビッグランの結果です。

この期間は・・・
・ステージ:スメーシーワールド
・武器:オールランダム
・クマ武器:クマブラスター

という構成で行われました。

上位○% ボーダー
上位5% 137個以上
上位20% 113個以上
上位50% 88個以上

まず、上位5%については「150個以上」で予想しましたが、それよりも若干少なめの137個となりました。
体感的に特殊WAVEが少なめで、思ったより数が稼げなかった方も多かったのかもしれません。

一方で、上位20%、上位50%は予想よりも上回るボーダーとなりました。
やはり、でんせつ以上になってくると110個以上の納品はしやすくなってくるためかと思います。

1回目のボーダーが「137個以上」でしたが、2回目以降はまた変わってくるはずです。
1つの指標は出来たので、2回目以降は「140個以上」を目指して頑張っていきたいですね!

本記事は、ビッグランが開催されるたびに追記していきますので、過去のデータと照らし合わせながら次のビッグランの戦略を練るのもいいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ