スポンサードリンク

白川郷の火災・火事の原因・被害は?首里城と関係ある?【世界遺産】

2019年11月4日午後2時40分頃、岐阜県大野郡白川村にある世界遺産「白川郷」で火災・火事がありました。
この火災のつい最近、沖縄県の世界遺産「首里城」の火災もあったばかりなため、火災の原因が別にあるのではないか?と不安、疑問に思っている方が多いようです。

今回の白川郷の火災・火事の原因はなんなのでしょうか?
被害状況は?
白川郷・五箇山の合掌造り集落は無事なのでしょうか?
首里城の火災となにか関係があるのでしょうか?

本記事では、2019年11月4日に発生した白川郷の火災についてまとめています。

スポンサードリンク

世界遺産「白川郷」で火災・火事発生


出典:https://twitter.com/

2019年11月4日午後2時40分頃、岐阜県白川村にある世界遺産「白川郷」で火災・火事が発生しました。
つい最近、沖縄県の首里城の火災が発生したばかり・・・。

立て続けに発生した世界遺産の火災・火事はショッキングな出来事です。

白川郷は普通に人が住んでいる集落でもあるため、火災の原因や被害状況が気になりますね・・・。
白川郷のどの部分が火災になってしまったのでしょうか?

白川郷の火災・火事の被害状況は?

今回、火災があった白川郷ですが、合掌造り集落が燃えたわけではありませんでした。
実際に火災があったのは、白川郷の公共駐車場「村営せせらぎ公園駐車場」にある小屋だそうです。

この小屋に人は住んでいないため、今回の火災で怪我人などは出ていないようです。
また、合掌造り集落とは少し離れているので、集落に延焼せず、11月4日午後5時頃に鎮火したようです。

小屋が燃えてしまったことはショックですが、怪我人などもなく、集落にも延焼しなくて本当に良かったです・・・。

白川郷の火災・火事の原因は?

世界遺産である白川郷の火災・火事が起こった原因はなんなのでしょうか?

つい先日、首里城の火災が発生したばかりなので、どうしても疑問の声が上がってしまっています。
もしかして意図的なものではないか?と・・・。

世界遺産を狙った放火の可能性はあるのでしょうか?

報道によると、今回の火災の原因はライトアップ用の電気関係だと言われています。
首里城も分電盤が原因だったので、またもや電気関係が問題で発生した火災の可能性があるということですね・・・。

白川郷では、ライトアップイベントが年間を通して行われています。
2019年11月もライトアップがあり、紅葉の風景と白川郷を楽しむ事ができました。

さらに、2020年1月~2月には計6回のライトアップイベントが行われます。
ライトアップのためには、電気を管理する場所が必要なわけですが、その場所が燃えてしまったということですね。

火災が発生した11月4日のライトアップイベントは中止となりました。

白川郷の火災・火事で今後の営業はどうなる?

ここで気になるのが、白川郷の火災・火事により、今後の白川郷の観光はどうなるのか?ということですね・・・。
もしかすると、火災があった11月4日の翌日である11月5日に観光に行こう!と考えていた方もいるかもしれません。

現時点では、11月4日に行われる予定だったライトアップイベントのみ中止のお知らせが出ています。
現場には警察官がるのが、白川郷の火災・火事により、今後の白川郷の観光はどうなるのか?ということですね・・・。

もしかすると、火災があった11月4日の翌日である11月5日に観光に行こう!と考えていた方もいるかもしれません。

 

現時点では、11月4日に行われる予定だったライトアップイベントのみ中止のお知らせが出ています。
現場では警察官が見張っているようですね。

鎮火したのは、11月4日の17時ということで、日が沈む時間も目の前でした。
そのため、現場検証は11月5日以降に持ち越しになるはずです。

もしかすると、11月5日から数日間は白川郷に訪れることができないかもしれません・・・。
電話してみたのですが出なかったので、後日もう一度連絡をしてみます。

白川郷の火災・火事で募金、寄付はできる?

白川郷の火災で燃えたのは、駐車場にある小屋だと言われています。
その奥にある合掌造り集落に影響はないようです。

しかし、世界遺産の一部が燃えたのは大きな問題・・・。

白川郷の茅葺屋根は、だいたい30年に一度の周期で葺き替えを行っています。
このときの費用は、すべての葺き替えで2000万前後なのだとか・・・。
一部の修繕でも、300万~500万前後かかるようです。

今回火災が発生した小屋は、屋根だけでなく建物も燃えていました。
そうなると、建物全体の修繕が必要になります。

莫大な費用がかかることが予想されますので、おそらく今後募金や寄付金を募る可能性がありそうです。
募金等の詳細が出ましたら、こちらに改めて追記しますね。

白川郷と首里城の世界遺産火災の関係性は?

2019年10月31日、沖縄県にある世界遺産「首里城」の大規模火災が発生しました。
守礼門は残ったものの、正殿などが焼失してしまい、日本のみならず海外にも衝撃が走った出来事です。

そのわずか数日後である11月4日に、岐阜県にある世界遺産「白川郷」の火災が発生しているんですね・・・。
立て続けに起こった世界遺産の火災、なにか別の原因があるのではないか?とネットで話題になっています。

ニュースなどでは、首里城の火災は分電盤が原因だと言われていました。
白川郷も、火災が発生した小屋には配電盤などがあります。

どちらの世界遺産も、分電盤、配電盤と電気関係が原因で火災に繋がっている模様・・・。
ライトアップのための電気関係が火災の元になってしまった可能性が大きいのです。

世界遺産をよりキレイに見せるためのライトアップが、世界遺産を傷つけてしまうようなことに繋がるのは悲しい出来事ですよね・・・。
分電盤や配電盤などのチェックに関して、今後大きな見直しが必要になってきそうです。

一度は行ってみたい!白川郷の美しさ

白川郷は、1995年12月9日にユネスコの世界遺産に登録されました。
日本では6件目の世界遺産となり、国内だけでなく海外からもたくさんの観光客が訪れています。

白川郷には、「合掌造り」と言われる、木の梁を山形に組み合わせて建てられた日本独自の建築物があります。
茅葺屋根が特徴で、豪雪地帯の白川に適した仕様になっているんですね。
日本の農村文化・生活・暮らしを深く感じることができます。

しかし、木材や茅葺屋根が使われているため、火災にとても弱いという難点が・・・。
そのため、集落内には59基近くの放水銃が設置されています。

さらに年に一度、だいたい11月上旬ぐらいに火災に備えた放水銃訓練も行われているんですね。

この放水銃訓練もかなりの見応えがありますが、やはり白川郷の観光で見てほしいのは冬のシーズン。
雪景色に染まった白川郷は圧巻です。

雪が降る1月~2月はライトアップもされており、まるでおとぎの国に訪れたような感覚に・・・。
白川郷では、キャンプやスキー、温泉などを楽しむことができ、四季折々の景観を堪能することができます。

大人の方はもちろん、小さなお子様も楽しむことができる白川郷、ぜひ一度行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ