スポンサードリンク

鈴木尚広の退団理由はW不倫?重婚写真の相手は誰?嫁と離婚は?

2019年10月16日、巨人の鈴木尚広コーチが突然退団を発表しました。
「一身上の都合」による退団だと言われていますが、その理由が衝撃的だったのです。

鈴木尚広コーチと言えば、通算盗塁数228を記録した代走の神様ともいわれていました。
今シーズンからは、一軍外野守備走塁コーチを務めていた鈴木尚広さんの勢いはまだまだこれからだと誰もが思っていたことでしょう。

読売ジャイアンツも6年ぶりの日本リーズ進出をしていく中、なぜ鈴木尚広さんは退団、退任してしまったのでしょうか?
なんと、W不倫&重婚写真撮影の「ダブルスチール」をしてしまっていたのです。

お相手はどんな人?
嫁と離婚はしているのでしょうか?

鈴木尚広さんの退団理由の真相に迫ります!

スポンサードリンク

巨人の鈴木尚広コーチが退団・退任を発表

一軍外野守備走塁コーチを務めていた鈴木尚広さん。
2019年10月16日に退団・退任を発表しました。

退団理由は「一身上の都合」とされていますが、その理由が衝撃なものになっており、ネットで話題になっています。

鈴木尚広さんといえば、代走での通算盗塁数の日本記録を所持しており「代走の神様」「代走のスペシャリスト」とも言われていました。
2016年に現役を引退後、2017年は野球解説者として活躍。

その後、2018年10月22日に、2019年から巨人の一軍外野守備走塁コーチに就任が発表されました。
一塁ベースコーチを担当しており、読売ジャイアンツも6年ぶりの日本リーズ進出を決めるなど、これからの活躍にますます注目されるはずだったのです。

鈴木尚広が退団した理由とは?

その矢先に、「一身上の都合」による退団・退任を発表しただけに、その理由が気になりますね・・・。

2019年10月19日からは、巨人とソフトバンクとの日本シリーズが予定されていたので、退団するとしても球団は引き止めなかったのか?という疑問もあります。
なぜ突然退団・退任をしてしまったのでしょうか?

W不倫をしていた?

理由がなんなのか?と気になっていた矢先に、週刊新潮がとある報道をしたのです。
なんと、鈴木尚広さんが「不倫していた」んですね。

週刊新潮は複数の写真を入手しているようですが、退団・退任発表後に一部の記事・写真を公開。

これにより、退団理由となった「一身上の都合」は、不倫が関係していると思われます。
しかも、相手も既婚者ということで「W不倫」という衝撃の事実が発覚。

W不倫の相手は?

今回、鈴木尚広さんとW不倫をしたお相手は既婚者の方。

そのお相手というのが、元アナウンサーでCMなどにも出演する女性。
正式な名前は明かされておらず、野原沙織(仮称)として掲載されていました。

その方の情報でわかっているのは、

・元アナウンサーでCMにも出演している
・旦那は医師
・2人の息子がいる

ということだけです。
これだけだと特定が難しいところで、誰なのか?という詳細まではわかっていません。

もし特定できましたらすぐに追記しますね。

重婚写真撮影でダブルスチール?

W不倫をしていたということも衝撃ですが、さらに衝撃だったのは重婚説。
お互い家庭があるにも関わらず、タキシードとウェディングドレスを着る2人の写真が公開されたのです。


出典:https://www.dailyshincho.jp/article/2019/10161315/?photo=2

写真にもモザイクがかかっており、お相手の特定は難しい状況・・・。
とはいえ、こんな写真が出回ってしまったら退団・退任してしまうのは納得です・・・。

ちなみにネットでは、今回のW不倫報道をうけて「ダブルスチールだ」と言われています。
ダブルスチールは野球業界の言葉で「二人の走者が同時に盗塁すること。重盗。」という意味があります。

まさに、プライベートのダブルスチール・・・。

Twitterに意味深な投稿も・・・

2018年10月にはTwitterに意味深な投稿もしていました。

一般的に見れば奥さんのこと?って思いますが、家庭は崩壊している真っ只中。
どう考えても奥さんではなく、不倫相手のことを言っているようにしか見えないですよね・・・。

もしかすると、この2018年10月9日に重婚写真が撮影されたのかもしれません。

鈴木尚広と嫁の現在は?

鈴木尚広さんは、2003年に1歳年上の女性と結婚しています。
飲み屋で知り合った一般女性で、2004年には長男が誕生しました。

さらに、2010年6月にはプロ野球界の素敵なお父さんに送られる「ベストファーザー・イエローリボン賞 プロ野球部門」を受賞。
息子さんにお守りを作ってもらったりしていると笑顔で語っていました。

プライベートも充実しているように見えた鈴木尚広さんですが、実は家庭内はかなりドロドロしていた模様・・・。
どうやら、結婚当初からあまりうまくいっていなかったようなのです。

2003年から既に結婚生活はうまくいっていなかった?

2003年に結婚し、2004年に長男が誕生した鈴木尚広さん。

しかし、結婚当初から家にあまり寄り付かなかったようなのです。
夜遊びをしたりしていたようで、朝帰りもあったり、奥さんを無視したりするなどしていたのだとか。

息子さんの泣き声がうるさい、同僚も自宅に帰っていないなど、何かと理由をつけて寄り付かなかったようですね。
奥さんは職業柄の付き合いなどがあるから仕方ないと我慢をしていたようです。

ベストファーザーを受賞していたのでうまくいっているかと思いきや、最初から結婚生活はうまくいっていなかった・・・?

2013年から離婚協議をしていた?

もともと結婚生活がうまくいっていなかっただけでなく、次第に家庭内でのトラブルも増えていったようです。
奥さんに手を上げたり、胸ぐらをつかむなどの行為があったようで、奥さんは離婚を決意。

2013年夏から離婚協議が始まりました。
2013年の年末には、鈴木尚広さんが長男を連れて帰りたいという内容から夫婦喧嘩が勃発し、鈴木尚広さんが扇風機を蹴っ飛ばす、奥さんにツバを吐きかけるなどをした、といわれています。

これらの行為をうけた奥さんは警察に通報。
被害届を出すことはなかったものの、2014年10月に鈴木尚広さんが出ていくことで別居生活がスタートしました。

中には、息子さんの前で手を上げたりすることもあったようです。
ベストファーザー賞の素敵なお父さんとは正反対ですよね・・・。

2015年から離婚調停に入るものの難航?

別居生活がスタートするも、生活費などの問題で口論などが続き、奥さんは警察に被害届を提出。
夫婦の関係はどんどん悪化し、離婚協議も難航していました。

その後、2015年3月に離婚調停入りしましたが、慰謝料や財産分与の問題で離婚調停も難航していたのです。

ただ、このことが詳細に明るみに出たのは、2018年に発売された週刊新潮がキッカケでした。
2016年1月に週刊ポストでも報じられていますが、その時よりもさらに詳しく明かされていたんですね。

しかも、2016年の現役引退セレモニーに、奥さんと息子さんを招待していなかったことなども報じられています。

2019年の不倫報道で離婚調停はどうなる?

その後は表立った報道はなかったものの、2019年にW不倫報道が出ました。
退団・退任はW不倫の報道が理由だと思われますが、この時点でまだ奥さんとは離婚が成立していないようです。

奥さんはW不倫の相手の存在を知っていたものの、重婚写真まで撮っているとは思っていなかったようで「気持ち悪い」といっていたのだとか。
それはそうですよね・・・。
いくら離婚調停中といっても、離婚が成立していないのに重婚を思わせるような行動は目を疑ってしまいます。

ただ、ご本人は「不倫関係はない」と否定しているんですね。
写真が出てしまった以上、立派な証拠になってしまうと思うのですが・・・。

2015年から離婚調停をしているものの、今回のW不倫報道でいっきに話が進んでいくのではないか?と考えています。

後任は村田修一ファームコーチ

鈴木尚広さんの退団申し入れ後、すぐに後任の発表もされました。
後任に選ばれたのは、村田修一ファーム打撃兼内野守備コーチ。

2012年~2017年まで読売ジャイアンツで活躍。
2018年9月には現役を引退し、2019年から読売ジャイアンツのファーム打撃コーチを務めている方ですね。

鈴木尚広さんの退団・退任はショックですが、村田修一さんの就任は喜ばしいことであり、なんとも複雑な気持ちになりますね・・・。

ただ、村田修一コーチが今後活躍してくれるはずなので、変わらず応援していきたいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ