スポンサードリンク

脊山麻理子、旦那との離婚理由はW不倫?フライデー流出画像の真偽は?

脊山麻理子(せやま まりこ)アナウンサーが2015年9月3日に商社マンの旦那さんとの離婚を発表しました!
これがきっかけとなり、フライデー画像流出騒動に巻き込まれる事態となっています。

脊山さんといえば、フリーアナウンサーとしてだけでなくグラビア、写真家としても活動されている元日テレアナウンサー。
長い離婚調停の原因はW不倫?夫婦仲はどうだったの?さらにフライデー不倫写真流出の真偽は?など気になる情報を調べてみました。

スポンサードリンク

脊山麻理子は2009年12月に結婚

脊山麻理子
出典:http://ameblo.jp・・・

2004年に入社した日テレでアナウンサーとしてお仕事をされていた脊山麻理子さん。
2009年12月に、商社マンの一般人男性と結婚したと発表されました。
離婚が成立したのは2015年7月中旬とのことです。

元夫とは2009年7月に脊山麻理子さんが電車内での事件に遭った時に出会ったという情報と
電車内での事件に遭った時にはすでに交際中だったという2つの情報がありました。

事件当時に既に交際していたのならお付き合い期間が長かったかもしれません。
もし事件の日に出会って12月に結婚したのなら、交際5か月でスピード結婚ですよね。

元夫は慶応義塾大学時代の先輩という情報もありましたが、どちらが本当なのかはわかりませんでした・・・。
大学時代の先輩だったのなら偶然電車で再開して交際に発展・・・なんてこともありそうですよね~。

電車で偶然助けてくれた男性と知り合って、交際・結婚だとしたらかなりドラマチックですよね!w

夫婦仲は冷めていた?

脊山麻理子さんは結婚から約4年後の2013年には、離婚協議中であると発表していました。
発表があったのは2013年ですが、2011年には既に離婚の話が出ていて別居もされていたそうです。

結婚3か月後には日テレを退社し、フリーアナウンサーとなった脊山麻理子さん。
2012年7月には「週刊プレイボーイ」のグラビアを飾ったり、写真家としても活動されていたそうです。
しかも2014年には「匿名探偵」で女優デビュー!

こんな風に活動の幅を広げていったことが、夫婦に溝を作ってしまう原因となったといわれています。
2009年に結婚して2011年に別居なので、わずか2年で夫婦仲が冷めてしまったということでしょうか。
旦那さんは海外赴任もあったという情報もあったので、すれ違いの生活だったのかもしれませんね。

旦那との離婚理由はW不倫?

「夫婦仲が冷めきっていたこと」が離婚原因だと言われていますが・・・

一方で実は離婚理由は脊山麻理子さんのW不倫だった!という情報もあります!
不倫していることが原因で離婚協議が長引いたとの噂も・・・。

お相手は広告会社で働く「妻子持ち」の男性とのこと。
共通の知人がいたことから知り合いになり、脊山さんからの積極的なアプローチで交際に至ったのだとか。

W不倫期間がどれくらいだったのかはわかりませんでしたが、結婚して2年後には別居状態だったことを考えるとけっこう長かったのかもしれません。
お相手の奥様に不倫がバレてしまって「示談金100万円」を支払ったなんていう話も出ていました。
昼ドラみたいな修羅場ですねww

結局W不倫が本当なのかどうか分からずじまいですが・・・
このお話が本当だとしたら、長い間離婚協議をしてきた中で離婚に踏み切るきっかけになってしまったのかもしれません。

離婚発表に合わせてフライデー写真が流出?

2015年9月4日発売のフライデーの衝撃写真が掲載されました。
紙面にはアナウンサーの名前は書かれていません。

これが脊山麻理子アナではないかと白羽の矢が立ちました。
ちょうど離婚発表と重なったので、疑われたんですね・・・・・
しかし、ネット民の調査ですぐに違うアナウンサーだと判明されました。

要するに、とばっちりを受けた形となったということですw

35歳にして「青春」イメージDVDを発売!

2015年7月中旬に離婚されたばかりの脊山麻理子さんですが、「新たにいろんなことに挑戦したい」を意気込んでいるようです。

35歳にして抜群のプロポーションを維持している脊山麻理子さん。
8月21日にはイメージDVD「永遠の青春白書35夏」を発売し、9月6日には握手会も開催されました。
このへんは離婚発表と日程を合わせてきた感もありますw

永遠の青春白書35夏
出典:http://ameblo.jp・・・

これは自らの「青春」を詰め込んだDVDとのこと。

独り身になったので、グラビア、テレビ出演のお仕事も増えていきそうですね~。
これからどんな活躍をされるのか、楽しみです!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ