スポンサードリンク

ウォーターランが名古屋で開催!チケット申し込み方法と日程は?服装は?

「ファンラン」イベントの1つである「ウォーターラン」が愛知県・名古屋で開催されます!

ウォーターランはタイの「ソンクラーンフェスティバル」をテーマにしたイベントです。
内海海水浴場で行われる「ウォーターランフェスティバル2015 in AICHI」のチケット申し込み方法は?
服装はTシャツ?水着?など気になる情報も紹介します!

スポンサードリンク

ウォーターランとは?

「ウォーターラン」というのは、「ファンラン」と呼ばれるイベントの1つです。

ウォーターラン
出典:http://prtimes.jp・・・

【ウォーターランとは?】
・イベント系ファンランの一種で、夏に開催されるファンランです!
 タイで行われている「ソンクラーンフェスティバル」の日本版として開催されるウォーターラン。
 水をテーマにしており、思い切り水をかけてかけられて楽しむイベントとなっています。
 「水風船バトル」や「道行く方と突然バトルが始まる水鉄砲ゾーン」など様々な企画もあり!

「走る」と聞くとマラソンや持久走のような辛さが思い出されますが・・・
「ファンラン」では「楽しむ」ことを大前提にしています!
のんびり走ろうが、思いっきり走ろうが個人の自由!

タイで行われている「ソンクラーンフェスティバル」の様子が動画で上がっていたのでご紹介します。

こんな感じで誰かれ構わず水をぶっかけまくるイベントなんですw
実はタイの旧正月を祝うためのイベントなのですが、「水掛け祭り」としてのイメージが強いみたいです。

日本で開催されるウォーターランでは、水鉄砲・水風船を使ったバトルイベントなども企画されています。
大勢で参加すればするほど楽しめるイベントのようですね!
ちなみに「ウォーターラン応援団長」には「はるな愛」さんが就任されています。

愛知県名古屋では内海海水浴場で開催!

東京、名古屋、大阪、九州、沖縄の計5か所で開催される「ウォーターラン」。
開催日は2015年8月29日・30日の2日間となっています。

【受付時間】
各日8:30~14:00
(イベント開催時間は各日8:30~17:00)

【ランイベント開催時間】
各日10:00~17:00

ウォーターラン公式HPにてチケットごとの受付時間などは発表されていくそうです。

そして愛知県名古屋での開催会場は「内海海水浴場」です!

内海海水浴場
出典:http://www.sumayado・・・

【内海海水浴場へのアクセス】

車:南知多道路南知多ICより約10分
電車:名古屋鉄道知多新線内海駅下車、徒歩で約15分

名古屋会場という名目ですが、実際の開催地は「南知多」となります。
「日本の渚百選」にも選ばれているという内海海水浴場で思いっきりイベントを楽しみましょう!

愛知 名古屋のチケット発売日・料金と申込み方法

愛知名古屋会場のチケット発売日は「7月31日から」となっています。
申込み方法はこちら。

【チケット申し込み方法】
ウォーターラン公式HPにて販売。
 電話での受け付けは不可。
 先着順
【チケット料金】
・一般(販売期間8月6日~20日)7,400円
・早割(販売期間8月3日~5日)6,800円
・超特割(販売期間7月31日~8月2日)6,200円
【各チケット2000枚限定】

※団体割引、追加販売予定はなし

早く購入すると安くなるんですね!
ただ2000枚が先着順とのことなので、出来るだけ早めに申し込んだ方が良さそうです・・・!

どんな服装がいいの?

初めてウォーターランに参加する人が気になるのが「どんな服装で行けば良いの?」というところだと思います。

公式HPには「服装にしばりはございません。Tシャツを御配りしますが、ウォーターランを楽しめる想いおもいの格好でお越し下さいませ。」と書いてあったので、基本は好きな恰好でOKということになります。

とはいえ確実に濡れるイベントです。
下着の代わりに「水着」を着て行くのは必須だと思われます。
Tシャツを着るにしても下着では不便ですもんね。

他のファンランでは仮想をして出場する方もいらっしゃるそうですが・・・
ウォーターランでは服はびしょ濡れになってしまうので、後片付けが大変な服はやめておきましょうw

名古屋会場では限定コンテンツも!

「ウォーターランフェスティバル2015 in AICHI」では、他の会場にはない限定コンテンツも用意されているようです!

現在分かっているのは・・・

・「武器屋 Beach Location」でノベルティ水鉄砲以外のウォーターライフルをゲット可能!
・マリンスポーツ・SUP(サップ)の体験【有料】
・ヨガの体験【有料】

の3点となっています。
詳細情報は追々発表されていくみたいです。

「走る」というと基本辛いイメージしかわきませんが、楽しそうな企画が開催されている会場なら、自然と走ってしまいそうですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ