スポンサードリンク

羽生結弦出演「殿、利息でござる!」試写会応募方法・ロケ地・ネタバレを紹介!

フィギュアスケートの羽生結弦(はにゅうゆづる/ゆづ)さんが、2016年5月14日公開予定の映画「殿、利息でござる!」に出演していることが分かりました!

江戸中期の仙台藩・吉岡宿を舞台とした時代劇で、羽生結弦さんは藩主「伊達重村(だて しげむら)」役で友情出演しています。
宮城県仙台市で起こった実話を元にしている映画「殿、利息でござる!」。

試写会はいつなのか?応募方法は?先行上映の日程は?など映画に関する情報を調べました!
ロケ地やネタバレ情報も紹介します。

スポンサードリンク

「殿、利息でござる!」作品紹介とあらすじ

2016年5月14日(土)公開予定の映画、「殿、利息でござる!」は、宮城県仙台市にあった仙台藩・吉岡宿を舞台にした時代劇です。

映画ポスター
出典:http://getnew・・・

原作は日本の歴史学者である「磯田道史(いそだ みちふみ)」さんの著書「無私の日本人」。
作品の中では江戸時代を生きた3人の物語が収録されています。
「殿、利息でござる!」は、その中の1人「穀田屋十三郎(こくたや じゅうざぶろう)」の物語をもとにして映画化されています。

まずは予告編動画をご覧ください。

【あらすじ】

宮城県仙台藩吉岡宿に住み、造り酒屋を営む主人公「穀田屋十三郎」。
仙台藩からの重い年貢に苦しむ吉岡宿は、夜逃げが相次ぎ、町の行く末が心配されていた。
そんなある日、吉岡宿一知恵者(自称)である菅原屋篤平治から町を救う方法を聞いた十三郎。
その方法とは、「藩主に金を貸して利息を巻き上げる」という逆転の発想だった!

ビンボーな庶民たちが、殿を相手に銭戦を挑む!

主人公は仙台藩吉岡宿に実在していた「穀田屋十三郎」さんです。
十三郎さんを中心として、菅原屋篤平治、穀田屋十兵衛、浅野屋甚内、早坂屋新四郎、穀田屋善八、遠藤寿内、千坂仲内、遠藤幾右衛門の9人が吉岡宿を救うため奮闘した物語が描かれます。

藩主に大金を貸して、利息をもらうという約束を取り付けるために奮闘する姿がユーモアたっぷりに描かれるそうです。
しかし、原作である「無私の日本人」本編では、涙なしでは読めないほどの感動の物語となっています。
監督が中村義洋さんということで、笑いあり涙ありの作品になるのだと思われます!

十三郎には阿部サダヲさん、知恵者(自称)の篤平治には瑛太さん、浅野屋甚内には妻夫木聡さんなど実力派キャストが集結。
さらに、冷淡な藩の役人「萱場 杢」には松田龍平さん、その他にも竹内結子さん、山崎努さん、寺脇康文さんなど豪華キャストが出演されます。

そんな中、仙台藩藩主を演じるのがフィギュアスケートの「羽生結弦」さんです!
藩主ということで、阿部サダヲさん達が演じる庶民とは対立する立場にあるわけですね。

ちなみに予告編動画の2カット目に出てくるお殿様が羽生結弦さんですw
この予告編では顔は出さないようにしているんですね!

羽生結弦演じる「伊達重村」とは?

仙台藩藩主の伊達重村を演じる羽生結弦さんですが、「伊達重村」ってどんな人だったのでしょうか?

伊達重村は1742年5月23日に生まれ、仙台藩の第7代藩主・伊達氏宗家第23代当主となった人物です。
1796年5月27日に55歳で死去しています。

学問を好んで、和歌にも優れており、教養の高い武士だったそうです。
しかしながら、藩財政の立て直しを行っているところに天明の大飢饉が起こり、仙台藩内で30万人以上の死者を出すなど「不運の武士」でもありました。
そんな伊達重村を演じる羽生結弦さんの写真がこちら!

羽生結弦
出典:Twitter

さすが、すごく似合っています・・・!
もともと和風な美形顔の羽生結弦さんなので、マゲ姿もハマってますね。
殿の雰囲気漂う高貴な御姿です!!w

羽生さんの出身地である仙台に実在した人物を演じるということで、こんなコメントをしていました。

江戸時代の仙台藩を舞台にした映画「殿、利息でござる!」で、伊達の殿様役を頂き、初めて役者として、演技をさせていただきました。お芝居はスケートとは違って振りが無く、言葉を使い、セリフに合わせて動かなければいけないのでとても難しく、撮影現場では緊張してしまいましたが、映画製作の雰囲気を感じられて、素敵な俳優さんたちにもお会いできて楽しかったです。撮影は昨年の夏だったのですが、試合のプログラムだけではなくエキシビジョン、ショー等でも、表現者として今回の貴重な経験を活かすことができたのではないかと思っています。
このお話は実話を元にしているとのことですが、地元宮城にこんな素晴らしい話があったということに驚いています。殿様として、威風堂々とした姿と優しさを兼ね合わせるそのギャップを、自分なりに表現出来ればと思い一生懸命やりました。ぜひ楽しみにしてください。

台本には台詞が12行ほどあったそうですが、台詞はすべて覚えて現場に入ったとのことです!すごい!

羽生結弦が出演を快諾した理由は?

今回が映画初出演、俳優初挑戦となる羽生結弦さん。
フィギュアスケーターとして世界で活躍する羽生さんは、ストイックなことでも有名です。

映画出演オファーがこようものなら「練習があるからNGです」と言われてしまうだろうと思っていたのですが・・・w
「殿、利息でござる!」への出演を快諾したのには、理由があったのです。

その理由というのが
出身地である宮城県仙台市を舞台にした物語であり
故郷のために役立てるなら出演したい、と思ったから。

とのことです。

また、「殿、利息でござる!」は東日本大震災から5年経った今、さらなる復興を祈願して作られている作品です。
羽生結弦さんも地元仙台の復興支援をずっと続けています。
それに少しでも役立つなら、と思ったんですね。

監督である中村義洋さんは、羽生さんを起用した理由としてこう語っています。

ついつい豪華キャストにしてしまったため、彼らが『殿様=雲の上の人』と仰ぐ俳優さん、というのがなかなか見つからなくなってしまいました。
そんな時に出たのが羽生さんの御名前。これはもう、問答無用の雲の上の人で、かつ、この映画の舞台となる宮城県の御出身ですから、どこかで伊達の殿様との縁やゆかりがあったとしても不思議じゃありません。現場では、その立ち居振る舞いから目力の強さ、澄んだ声まで、殿様としての説得力に満ち溢れておりました。それにしても、この伊達の殿様は、今や仙台藩どころか日の本一となり、果ては世界までも征服されておられるわけですから、本当にとんでもない人をキャステングしてしまったもんだよなあと、僕ら自身も今だにおののいている次第です

氷上で滑っている時も空気を変えてしまうほどのオーラを放っている羽生結弦さん。
殿役に全く違和感がないのも頷けます。

ちなみに、撮影当日まで殿役が誰かは秘密だったとのこと。
突然の羽生結弦さんであまりにも神々しい姿に、阿部サダヲさんも「キレイでした」とコメントしていますw
氷の上での表現力も素晴らしいので、殿さまの演技にも期待できますね!

ロケ地はどこ?

宮城県が舞台の物語である「殿、利息でござる!」ですが、ロケ地はどこだったのでしょうか?

ロケ地については「山形県鶴岡市」「宮城県仙台市」等という情報が出てきました。
撮影は2015年7月~8月にかけて、行われていたようです。
ちなみに羽生結弦さんが撮影したのは山形県内で、7月のことだったとのこと。
暑い中での撮影だったんですね。

山形県鶴岡市のロケ地については羽黒町の「スタジオセディック庄内オープンセット」で行われていました。
一般公開もされていますので、ロケ地巡りをするなら必ず立ち寄りたい場所です!

宮城県内のどこで撮影されていたかはまだ情報がありませんでしたが・・・
宮城県黒川郡大和町(たいわちょう)が舞台の作品ですので、ロケ地ではないにしても行ってみたいですよね。

ながのフィルムコミッション」の支援作品リンクに「殿~」のバナーも見つけました。
長野県でも撮影されたのでしょうか?

モニター試写会ですでに映画を見た人もいる

実はすでに1月28日に都内某所で「モニター試写会」が開催済みです。
この「モニター試写会」とはレビューを書くことを条件に映画タイトルを知らされないで招待されるものです。
で、スタッフから「羽生結弦さんのことは絶対口外しないで!」と戒厳令が敷かれていたとかw

見た人からは

「元気にセリフゆってかわいかったよ」
「存在感やオーラがあった」

といった羽生結弦さんへの感想が述べられてました。

コメディだけど最後は泣いてしまう映画だそうです!
良作だと評判もよいですね。

正式な試写会はいつ?

正式な「殿、利息でござる!」の完成披露試写会については、公式サイトではまだ発表されていません。
が!「ぴあ映画生活」に日程が掲載されていました!

殿、利息でござる!完成披露試写会
※舞台挨拶ありの予定
日時 2016年4月6日(水)夕刻
場所 都内某所

日程については変更の可能性もあると思います。
変更があった場合には修正しますね。

【2016.3.10追記】
名古屋地区での試写会情報も入りました。

殿、利息でござる!完成披露試写会(名古屋)
※舞台挨拶ありの予定
日時 2016年4月7日(木)18:30開映
場所 ミッドランドスクエアシネマ
応募締切 2016年3月30日(水)

【2016.3.17追記】
大阪地区での試写会情報も入りました。
75組150名を募集しています。

殿、利息でござる!完成披露試写会(大阪)
※舞台挨拶ありの予定
日時 4月8日(金)18:00開映
場所 大阪ステーションシティシネマ
応募締切 4月1日(金) 締切

3月16日に宮城県の「MOVIX利府」でも試写会が行われます。
阿部サダヲさん、瑛太さん、中村義洋監督が舞台挨拶に来るそうです。
しかし、こちらの応募締切は3月7日で、もう終わっていましたした・・・・・
情報が遅くなってしまってすいません・・・・・。

試写会の応募方法は?

完成披露試写会なら、モニター試写会の次に早く「殿、利息でござる!」を見ることができます。
2016年2月4日の時点で情報が出ているのは以下の応募方法です。
※情報が入り次第随時更新していきます。

媒体(サイト名)等 内容/応募締切 応募方法
ぴあ映画生活 15組30名を招待
2016年3月28日(月)まで
ぴあ映画生活サイトより
※ユーザ登録(無料)必須
キネマ旬報3月上旬号
※2016年2月20日発売
5組10名を招待
2016年3月5日(土)まで
キネマ旬報3月上旬号に付属の
綴じ込みハガキにて応募

通常、試写会への応募方法は何通りかあります。

・映画サイトなどでウェブ応募
・映画雑誌やフリーペーパーの情報を見てはがき応募
・映画館の館内フリーペーパーで情報を見て応募(映画館主催の試写会)
・ラジオ等の宣伝を情報を得て応募

映画サイトや雑誌、フリーペーパーなどは常にチェックしておいて、プレゼント情報が出た時に応募しないといけません。
ショッピングモールのチラシなんかにも情報が載ることがあります。
フリーペーパーはもらっておくようにしましょう!

先行上映の日程・場所は?

「殿、利息でござる!」の全国上映開始は2016年5月14日(土)ですが、その前に先行上映の予定もあります!
物語の舞台である大和町では、先行上映よりも早く、特別上映会も実施されますよ!

日時 場所 チケット料金
購入方法
2016年4月30日(土)
1回目:14時00分上映
2回目:18時00分上映
まほろばホール 2016年2月3日(水)から各販売所で発売。

特別価格900円
(特別価格1000円からさらにお利息(おつり)100円をバック!)

2016年5月7日 宮城県内
※情報が出次第追記します
不明
※情報が出次第追記します

宮城県が舞台のお話しということで、ゆかりの地での先行上映が決まっています。
今後先行上映情報が追加されたら、紹介していきますね。

【原作】「無私の日本人(穀田屋十三郎の一編)」ネタバレ情報

「殿、利息でござる!」の公開は2016年5月14日とまだ先ですが・・・
原作である「無私の日本人」で読める詳しい物語の内容を紹介したいと思います!
※ネタバレを含みますので、ご注意ください。

廃れていく吉岡宿を救うため、篤平治が考えた「藩に大金を貸して利息を受け取ろう」という奇策。
十三郎を含めた9人の庶民は腹をくくり、私財を投げ売って家族までも犠牲にする覚悟で五千貫文を集めようと奮闘します。
しかしながら、藩に金を貸すなんて前例はなく、なかなか嘆願書も受け付けてもらえません。
やっとのことで嘆願書を提出できたと思ったら・・・

【ネタバレ1】
「寛永通宝で五千貫文=千両のはずが、五千八百貫文に増える!」

現代のお金で3億円を藩に貸すつもりだった十三郎たちは、最初「五千貫文」を集めたのですが
藩の冷酷な役人「萱場杢」によって「金小判千両にして献上せよ」と言われてしまいます。

寛永通宝を金の小判にするには、五千貫文にプラス八百貫文必要。
必至で集めた五千貫文なのに、さらに上乗せを要求されてしまうのです。

当時、1文=30円~50円とされていました。
1貫文=1000文=5万円くらいの価値があったということになります。
ということは、八百貫文=4000万円くらいの価値ということですね。
意気消沈するのも無理ありません・・・。

意気消沈して浅野屋のもとに向かった十三郎と篤平治。
事の顛末を浅野屋に伝えると・・・

【ネタバレ2】
「実はケチでしみったれではない浅野屋甚内」

映画公式HPでも「ケチでしみったれな金貸し」と紹介されている浅野屋甚内(演:妻夫木聡)。
実は、原作では「ケチでしみったれた」奴ではないんです!

最初に集めた五千貫文のうち、千五百貫文をすでに出していた浅野屋。
なんとさらに!上乗せ分八百貫文のうち五百貫文を自分が負担すると言ってのけます。

その理由もかっこよく、先代浅野屋甚内(父)が残した遺言
「浅野屋の銭は吉岡宿を救うための資金にして、それ以外には使わないでほしい」
を守り、吉岡宿のために尽くすと決めていたからだったのです。
先代の遺言を叶えるため、吉岡宿のためにコツコツ小銭を貯めていたんです。

最初に計画を画策したときから約6年の歳月が経ち、やっとのことで金の小判千両を用意した十三郎たち。
無事に金の小判で千両を献上し、仙台藩からは利息として金が支払われるようになり、目的達成です。
その後、吉岡宿を救った褒美として藩から金をもらうこともありました。

普通なら個人で独り占めするだろうというところですが・・・
十三郎たちはそのお金をすべて町の住民に均等に分けて与えたのです。
それから吉岡宿は、幕末まで人口が減らず、見事に復活を遂げたのでした。

【ネタバレ3】
「偉業が大々的に伝わらなかったのは十三郎の遺志」

これほどの偉業を成し遂げたのに、なぜ今まで隠れていたのでしょうか?
十三郎が亡くなる前に残した遺志があったためです。

「わしのしたことを人前で語ってはならぬ。
わが家が善行を施したなどと、ゆめゆめ思うな。
何事も驕らず、高ぶらず、地道に暮らせ。」

想像できないほど苦しい思いをしたはずです。
それなのにこんな言葉が出てくるなんて、本当に心が清らかだったんですね。
現代ならお人好しすぎる、と言われてしまいそうです・・・。

【映画】「殿、利息でござる!」ネタバレ情報

映画「殿、利息でござる!」のネタバレ情報を紹介していきたいと思います。

※映画のネタバレ情報は、映画の情報が入り次第追記します。

予告編を見ると、コメディタッチで描かれる部分を押し出しています。
しかし、どうやらただ笑うだけの映画ではなさそうです。

全くの感動物語にすることもできるのでしょうが、それをユーモアを交えて描くのが中村監督!
今から映画公開が待ち遠しいですね!
初演技に挑戦する羽生結弦さんが、どんな台詞を言うのかも楽しみです!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ