スポンサードリンク

藤田慶和はいびきがやばい?彼女はいる?家族(父・母・弟)もラグビー関係者?

藤田慶和(ふじた よしかず)選手は、15人制ラグビー日本代表であるとともに、「7人制ラグビー(セブンズジャパン)」のメンバーでもあります。

最年少記録で日本代表となった藤田慶和選手ですが、イケメンなのにいびきがすごいといわれていますw
そんな藤田慶和選手に彼女はいるの?家族(父・母・弟)もラグビー関係者なの?などプライベートな情報を探ってみました!

スポンサードリンク

ラグビー日本代表・藤田慶和

藤田慶和選手はラグビー日本代表メンバー。
2015年現在はラグビーの名門早稲田大学に在籍されています。
ラグビー日本代表というと15人制ラグビーのイメージがありますが、藤田慶和選手は「7人制ラグビー」でも日本代表メンバーなんです。

藤田慶和
出典:http://www.jsports・・・

簡単なプロフィールをご紹介します。

【藤田慶和(ふじた よしかず)】

生年月日:1993年9月8日
出身地:京都府京都市
出身中学:京都市立洛南中学校
出身高校:東福岡高校
身長:184cm
体重:90kg
ポジション:ウィング(WTB)・フルバック(FB)

ラグビーを始めたのは小学2年生の時。
父が監督を務めていたラグビースクール「アウル洛南ジュニア」に入団し、ラグビーを始めました。
ラグビーより前から始めていたスイミングスクールにも、15歳まで通っていたそうですよ。

中学校を卒業し、ラグビーの名門校である「東福岡高校」に進学。
親元を離れて1人で福岡に行き、1年生からフルバックでレギュラーを掴み取りました。

なぜ地元の名門「京都私立伏見工業高校」に行かなかったかというと・・・

 「東福岡は強いだけではなく、型にはまらず、自由にパスをつないでいました。楽しそうだなって思ったし、僕のプレースタイルに合っていると感じました」

中学1年生の時に見た「東海大仰星vs東福岡」の対戦を見て、東福岡は型にはまらない自由なラグビーだと感じたのだそうです。
中学生で自分のプレースタイルを把握しているとは・・・。
父と同じ道を歩くのではなく、自分は自分の道を、という信念が中学生の頃からあったんですね!

自身が選んだ高校では、3年間国内のチーム相手に79試合負けなし(1引き分け)という素晴らしい成績を残しています。

最年少で日本代表に選出!

藤田慶和選手は、日本代表の最年少出場記録保持者です。
その記録は「18歳7ヶ月27日」!!(大学1年生の時)

2012年5月5日に行われた「アジア五カ国対抗戦」の対アラブ首長国連邦戦で日本代表として試合に出場。
1人で6トライを決めるという好成績を残しました。

しかし、実はその前に「7人制ラグビー」の日本代表に選ばれているんです。
藤田慶和選手が7人制ラグビー「セブンズジャパン」に選ばれたのは高校3年生、17歳の時。

その頃から7人制ラグビーと15人制ラグビーを両立してプレーしていたんです。
ラグビーは頭を使うスポーツでもあるので、7人制、15人制それぞれの事を考えるのは大変だと思いますが、藤田慶和選手は「積極的に両立してやっていきたい」と言われていました。

藤田慶和はイケメンなのにいびきがやばい?!

実力もさることながら、「イケメン」として人気もある藤田慶和選手。
五郎丸歩選手のようなクール系ではなく、人懐っこい感じの笑顔がかわいい爽やかイケメンですよね。

そんな藤田慶和選手、実は「いびき」が伝説級にやばいと言われていますww

兄貴分でもある五郎丸歩選手との対談で「伝説のいびき」についても語っています。
その動画がこちら。(1:40あたりから)

五郎丸歩選手が「伝説のいびき」と言う藤田慶和選手の「いびき」・・・。
一体どんないびきなんでしょうか??ww
伝説と言わしめるほどなので、ものすごく大きないびきなのは確実ですよねw

彼女はいるの?

イケメンと言われる藤田慶和選手ですので、彼女がいてもおかしくはないですよね。
ただ、高校生の頃からずっとラグビー一筋、練習をたくさんしてきたはずです。
となると、彼女を作る時間すらないのでは・・・?

その予想通り、今のところ彼女がいるという情報はありませんでした。

インタビューで「初恋はいつ?」という質問にも「?(覚えていない)」と回答していたくらいなので、恋愛にあまり興味がないのかも!?w

でも好きな女性芸能人には「松下奈緒さん」「綾瀬はるかさん」を挙げていました。
ちゃっかりキレイどころを選んでますねw

年齢は「1つ下~27、8くらいまでOK」とのことなので、綺麗なお姉さんタイプが好きなのかもしれませんね。

父は元ラグビー選手

そんな藤田慶和選手の父、藤田久和さんは京都のラグビー名門校「京都市立伏見工業高校ラグビー部」のOBなんです。
高校3年時には「全国高校ラグビー選手権」に出場してベスト8、そして「群馬国体」では3位という成績を残しています。

藤田慶和選手がラグビーを始めたのも父・久和さんが設立し、監督を務めていた「アウル洛南ジュニア」に入ったことがきっかけ。
2015年現在は久和さんは「アウル洛南ジュニア」の監督を辞め、「エリートアカデミー藤田塾」というラグビーの私塾で指導されています。

小中学生を対象にして「基礎思考能力、基礎体力、基礎プレー」といったラグビーの基礎をしっかり教えていますよ。
藤田慶和選手も、お父さんの基礎の教えがあったからこそ、高校から活躍してこられたんでしょうね。

「エリートアカデミー藤田塾」のホームぺージに父・久和さんの写真もありました。
慶和選手より身長は低く、170cmくらいだそうです。
体型はがっちりしているのに、優しそうな顔つきが慶和選手に似ているな~と思いましたw

弟もラグビー選手!

実は藤田慶和選手の弟さんもラグビー選手なんです。
父が元ラグビー選手、兄はラグビー日本代表ときて、弟が違うスポーツをやっていたら逆にすごいですよねw

藤田達成
出典:http://rugby.teikyo・・・

弟さんの名前は「藤田達成(ふじた たつなり)」さん。
1996年12月2日生まれで、2015年の時点で帝京大学の1年生、ラグビー部に所属しています。
ポジションはセカンドロー(ロック)。
身長191cm、体重90kgと兄の藤田慶和選手よりも身長が大きいんです!

高校は兄・慶和選手と同じく「東福岡高校」です。
兄弟2人とも父の出身校には行かなかったんですねw
ちなみに、年が3歳離れているので高校では慶和選手とは重なっていません。

「いつか一緒に日本代表になってプレーできれば嬉しい」と兄の藤田慶和選手も言われていました。
藤田兄弟が日本代表としてプレーする姿を楽しみに待ちましょう!

母は元バスケットボール選手

父・弟がラグビー関係者ということで、母親は何をしていた方なのか、気になりますよね。
そこで藤田慶和選手のお母さんについて調べてみました。

藤田慶和選手のお母さんの名前は「藤田里美」さん。
元バスケットボール選手で、国体にも出場した経験のあるスポーツウーマンだったそうです。

そんな母・里美さんは「息子にオリンピック出場してほしい」と夢を抱いていたと言っています。
2016年から「7人制ラグビー」がオリンピック種目となり、お母さんの夢をかなえられるチャンスが巡ってきました!
藤田慶和選手にはぜひともお母さんの願いをかなえてあげてほしいですね。

リオ五輪へ好発進!

2015年11月7日に開幕した「7人制ラグビーアジア予選香港大会」
リオデジャネイロ五輪のアジア予選にもなっています。

アジア予選には10チームが参加。
2組に分かれて1次リーグを行い、各組上位2チームが準決勝に進めます。
この大会で優勝すればリオ五輪出場権を獲得し、2~4位は世界最終予選に回ることになるんです。

藤田慶和選手もメンバー入りしている7人制ラグビー日本代表。
7日に行われた第1戦対中華台北戦で「38-0」で勝利
第2戦対シンガポール戦で「66-0」で勝利
第3戦対韓国戦で「47-0」で勝利

とリオ五輪出場へ向けて好発進しています!

見事決勝戦に進むことができれば、「TBS系列(地上波)」にて決勝戦が生放送されます!
準決勝は日本時間午後4時20分頃で、決勝戦に進めば「午後7時から約1時間生放送」となります。
3戦とも相手を0点を抑えているセブンズジャパン、このまま決勝戦までいってほしいですね!

なお、7人制ラグビーの同じメンバーである松井千士選手についても記事にしています。

松井千士がCanCam掲載!ハーフ?彼女は?兄・高校・大学と進路も紹介

よかったら併せて読んでください。

【2015.11.9追記】
セブンズジャパン「リオ五輪出場権」獲得しましたね!
決勝戦では香港を24-10で下しての勝利でした!
15人制ラグビーに続き、7人制ラグビーからもこれからは目が離せませんね!!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ